Twin Dad | 双子パパの資産形成・運用記

双子育児をしながら40代サラリーマンが資産1.4億円を目指す過程の記録

入金されました!018(ゼロイチハチ)サポートの概要と入金までの流れ

こんにちは。ツインだどです。今回は子育てに関するお金の話をご紹介したいと思います。

ご紹介する018サポートですが、東京都にお住いの子持ちの方はすでに申請済みという方が多いとは思いますが、これから子供が産まれる方や東京に引っ越す予定がある方にとっては名前は聞いたことあるけど中身は知らないという方も多いのではないでしょうか。

018(ゼロイチハチ)サポートとは?

018(ゼロイチハチ)サポートはちょうど一年前の2023年1月に小池都知事から発表があった東京都の子育て支援策の一つとなります。具体的な内容はオフィシャルサイトをご確認いただきたいですが、概要としては以下のような内容となります。

すべての子供たちの成長を切れ目なく支えていくために、都内在住の0歳から18歳までの子供たちに一人あたり月額5,000円を支給。子育てに希望が持てる、子供の笑顔があふれる社会を実現します。

ポイントとしては、都内に在住する18歳以下であれば、親の世帯収入に関係なく一律で5,000円支給されるということです。

児童手当については2024年10月から所得制限が撤廃されることとなりましたので、都内在住の子育て世帯にとってはダブルで満額受給できることとなり、うれしい限りです。

もともと所得制限にかかっていたような世帯の場合、子供一人当たり3歳未満の場合年間24万円、3歳以上の場合年間18万円の追加支給となります。無税での支給となるので高所得層ほどお得感を感じるのではないでしょうか。

018サポートについては、東京都独自の施策となるので、いつ打ち切りになるかは分かりませんが長く続くと子育て世帯にとっては助かりますね。

個人的には子育て支援に関する給付は子供が産まれた時点で全く貰えない可能性が高いと思っていたので学費準備がだいぶ楽になるなと喜んでいます。

申請の流れ

申請方法としてはマイナンバーカードでの申請とその他の方法での申請という形になっています。

旧来の手続き方法に加えて令和6年よりマイナポータルを利用した手続きが開始されました。旧来の手続き方法と合わせてご紹介します。

マイナンバーカードで新規申請(マイナポータル経由での申請)

マイナンバーカードで018サポートの申請をする際にはいくつか注意点がありますので、自身が該当するかを事前に確認の上手続きください。

以下4点が条件となります

  • 親(申請者)と子(対象者)がマイナンバーカードを持っていることかつ4桁の暗証番号が分かること
  • マイナポータルアプリがスマートフォンにインストールされていること
  • 親または子が公金受取口座を登録していること
  • 親子の住民票の住所地が都内にあり、世帯が同じであること

これらを満たしている場合にはマイナンバーカードを利用して申請が可能となりますので手続きを進めていきましょう。

また、重要なポイントとして、スマートフォンが必須となりますので、申請はスマートフォンから行ってください

大きな流れとしては以下となります。

  1. 018サポートへのオンライン申請サイト(デジタル庁サイト)へとアクセス
  2. 子供のマイナンバーカードを2回読み取り情報を入力・取得
  3. 親のマイナンバーカードを2回読み取り情報を入力・取得
  4. 振込先の口座を選択
  5. 連絡先の入力
  6. 注意事項への同意と宣誓

マイナポータルアプリを事前にダウンロードし、公金受取口座を事前に設定しておく必要がありますが、それさえ済ませていれば非常にスムーズに手続きができるようになっています。

詳細な手続きはオフィシャルサイトからご確認ください。

マイナンバーカードで新規申請​|018サポート - 東京都公式ホームページ(外部サイト)

その他の方法で新規申請(旧来の申請方法)

旧来の申請方法になります。申し込み自体はオンライン、郵送の両方にてできます。

以下は私が申し込みをした際のフローとなっています。当時私はオンラインで申し込んだのでその際の手続き手順となっています。

現状、オンラインでの申し込みを行う場合はマイナポータル経由での手続きがおすすめです。

詳細は申請サイトにてご確認ください。

以下が大きな流れとなります。

  1. 対象区分の確認(必要書類・申請方法確認ボタンより)
  2. 新規ユーザー登録
  3. 本人(申請者)確認書類の選択・アップロード
  4. 申請者情報・対象者情報の入力(ここで対象区分が必要となります)
  5. 振込先口座情報の入力
申請時のポイントその1:対象区分を確認した際にメモを取りましょう

最近のウェブサービスなどの登録と同じような流れに見えるのですが、対象区分情報を一度確認させておいているにも関わらずその情報を覚えておいて、自分で入力しなければならないというかなりトリッキーな作りとなっています。ですので、対象区分を確認した際にメモを取っておくことを忘れないようにしましょう。(2023年9月申し込み時点なので今はもしかすると改善されているかもしれませんが、、、)

申請時のポイントその2:マイナンバーカードの読み取りがマイナポータルアプリとは異なるので要注意

本人確認書類としてマイナンバーカードを持っていれば書類のアップロードは不要となりますが、なぜかマイナポータルアプリではなく別のアプリをインストールしなければならないという不思議な仕様となっています。私の環境では読み取りの精度も若干悪く、普段とは使い勝手が違い手間取りました。

申請時のポイントその3:口座番号が記載されたキャッシュカードがおすすめ

最近は三井住友銀行のOlive口座など口座番号が記載されていないキャッシュカードなどもありますが、口座情報の確認のために書類のアップロードを求められるので、口座番号が記載されたキャッシュカードを手元に用意するのがおすすめです。これについても、なぜマイナポータルに登録している公金受取口座を使わないのかが不明です。確定申告・還付申告ではその情報を使えるのに自治体独自の制度には使えないのでしょうか。いずれにせよ無駄な作業だなと感じました。

申請後から入金までの流れ

申請をしてから入金がされるまで連絡はわずか2回しかありませんでした。最初のころは本当に申請に不備がなく手続きが進んでいるか若干の不安を感じつつも無事に入金されました。

1回目の連絡

私の場合9月頭に申請を行いましたが、申請が完了したタイミングで「認定請求の申請を受け付けました」というタイトルのメールを受信。

12月16日以降に結果を連絡しますというようなシンプルな内容。正直な感想としては12月まで審査ってかかるの?もっと早く通知してくれないの?というものでした。

おそらく数万人という人が一斉に申し込んでいるので処理に時間がかかるのでしょうが、不備があった場合もそれまで連絡来ないのかなとか思った記憶があります。

2回目の連絡

2回目の連絡は12月26日に「支給認定のお知らせ」というタイトルのメールを受信しました。すっかり申請結果のことなど忘れたころに突然届きましたが、不備なく審査が終わって良かったと感じたのを覚えてます。

入金

支給日については個別にお伝えしますという内容が2回目の連絡の中に記載されていましたが、特に連絡なく1月9日に「018サポ-トキユウフキン」という名称にて2人分合算されて12万円振り込まれていました。支給認定から振り込みまでは年末年始を挟んだにも関わらずだいたい2週間となっています。

年末年始を挟まないケースではもう少し早い可能性もあると思いますが、2週間を一つの目安として考えておくのも良いかもしれません。

令和6年度(2回目)の入金スケジュール、手続きについて

早くに申し込みをした方が2024年1月に初回令和5年度分の振り込みがあったかと思います。

2回目となる令和6年度分の支給については1回ではなく、3回に分けて以下のスケジュールとなるようです。

f:id:bgtwindad:20240526092454j:image

支給時期は、以下のとおりです。

  • 令和6年8月  :4月~7月分
  • 令和6年12月 :8月~11月分
  • 令和7年4月  :12月~3月分

気になる手続きですが、初回の令和5年度に018サポートを申請し、受給している方は、基本的には改めての手続きは不要とのことです。

追加の手続きが必要なケース

以下の2ケースでは追加の手続きが必要となるようですので、該当する方はオフィシャルサイトで確認の上、マイページへとログインし手続きを行ってください。

  • 申請情報に変更がある方
  • 現況報告が必要な方

以下のページにてそれぞれの具体的な情報や手続き方法などが記載されていますので、詳細をご確認ください。

全体を通しての感想

018サポート制度は都内での子育て者にとってはとても嬉しい内容ですね。

また、当初は申し込みが難しく、ハードルが高い設計となっていたましたが、早々にマイナポータルアプリを利用した手続きへと変更されとても便利になったと思います。東京都のデジタル戦略の本気度が垣間見える事例ではないでしょうか。

また、2回目の018サポートの申し込み手続きなどについてもご紹介していますので、今後入金がありましたら入金スケジュールを更新する予定です。

関連する情報として子供が一人増えることでの生活費がどう変わるのか、子供の教育費がどの程度かかるかを試算した記事もありますので、参考にしてみてください。

それでは、また。